平成28年10月31日(月)   本文へジャンプ
ダブルダッチチーム「クローバー」のみなさんに教えていただきました。

黒川小学校体力向上プロジェクトの一環で取り組みました。



川小学校の特色ある教育活動の一つとして、年間を通じて体力向上プロジェクトに取り組んでいます。

日は、ダブルダッチチーム「クローバー」の4名の皆さんを迎え、短縄跳びとダブルダッチの跳び方を教えていただきました。

ブルダッチとは、2本の長い縄を2本の縄を使って跳ぶ縄跳びのことを言います。向かい合った回し手(ターナー)が2本の縄を内側に回して、その中でジャンパーが縄を跳びます。そして、ジャンパーが中で跳ぶときに、いろいろな技をしながら跳んで楽しみます。

業の初めに、全校児童がそろって、ダブルダッチなどの縄跳びのパフォーマンスを見学しました。リズミカルに縄を跳ぶ様子に、驚きの声が思わず出てしまう児童が多くいました。自分たちもダブルダッチが跳べるかと心配する様子も伺えました。45分ごとの教室で、多くの児童が跳べるようになりました。

ブルダッチ教室後に記念撮影をしました。その後、学級へ戻り、クローバーの皆さんと一緒に給食をいただきました。